House of plant

2019年末に会社勤めを辞めたため、今回の外出自粛への適応は早かったです。

子供の学習支援事業について

2020年は気になったことに挑戦する充電イヤーでした。前から気になっていた講師の仕事に半年チャレンジしてみたので、その中で携わった「学習支援事業」について書いてみます。

塾講師の仕事だと進学系の塾で行われているクラス形式だったり、個別にわからないところをサポートする塾の形式かな、といったイメージで仕事を探し始めました。大体こういうのは自分の経験からしか想像出来ないので、その時は公的サポートとして運営されている学習支援事業については全く知りませんでした。

学習支援事業について

生活保護に至る前の自立支援策の強化等を目的として生活困窮者自立支援制度が平成27年に開始されました。その中の任意事業として将来の自立した社会生活を営むための子供の学習支援があります。区や市が事業主体となり支援を行うため、事業主体毎に委託先を選んでいるようです。

主な対象者は「現在生活保護を受給していないが、生活保護に至る可能性のある者で、自立が認められる者」とのことで、貧困、富裕の連鎖を止めるために「学習機会」の提供が有効であるという説に基づいて運営されています。

貧困の連鎖、富裕の連鎖

自分で体感している現実でも「富裕の連鎖」は起こっていると思います。とある大手外資系企業の日本支店の新入社員はほぼ全員英語と日本語がネイティブ。多いのがインターナショナルスクール出身者と親の駐在に帯同して日本に帰ってきた方々でしょうか。今の日本の状況だと、英語が問題なく喋れるとそれだけで高校、大学の入試、就職まである程度保証されている気がします。

現場の印象

学習支援制度に携わって直接中学生、高校生と話してみると多くの子が素直でした。まだ世の中の格差というものに深く触れていないので、何が格差なのかわかっておらず、「貧富の連鎖」を防ぐために「学習」の図式を説明するのは現実的ではない感じを受けました。それよりは、自分の好きなこと、やりたいことを発見する手助けをして、その目標に到達するための方法を親身になって考えてあげた方が中高生の反応が良かったのを覚えています。

 

 

 

専⾨実践教育訓給付⾦ 【3.受給編】

 

少し前のことですが、IT・データ分野を中心とした専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」(通称:「Reスキル講座」)を受講しました。

私はその中でもデータサイエンスの講座を受講し無事に卒業したのですが、卒業といってもテストや資格の取得ではなく、課題の提出だったのである意味結構な時間を割いて勉強していたと思います。

本講座では授業料75万円のうち、最大約52万円ほどが専門実践教育訓練給付金として支給される予定です。給付金は講座終了時50%分、その後就職すると20%分頂くので、最大52万円分は70%分の金額です。

今考えれば幸運だったのですが、受講終了から1ヶ月程度でエントリーレベルのデータ分析系の仕事に内定を頂き、就職することが出来ました。

何を学んだか忘れないように、少しづつブログに備忘録を書いていこうかと思います。

 

 

 

 

 

教育訓練給付金制度 【2.訓練前キャリアコンサルティング編】

f:id:houseofplant:20200517195206p:plain

訓練前キャリアコンサルティングを受けてきました。キャリアコンサルタントの方と1時間程度対話形式でお話しをして、今後のキャリアについてアドバイスを聞いてもらいました。こちらの話を聞いて、ポジティブなことを言ってくれるので、正直予想以上に良かったです。なかなか口に出してキャリアについて話す機会もないので、聞き上手な方と頭の中を整理する感じです。コンサルタントの方も優しく、上から目線で押しつけてくる感じでもないので、色々背中を押してもらいました。

1時間の面談後、ジョブ・カードにコメントを頂き「専門実践教育訓練(以下訓練)」を受けることが適当です、というお墨付きコメントを頂きました。次はジョブ・カードをハローワークに提出して、確認表を頂き訓練を受講する流れになります。

私はまだ受講する訓練が明確に決まっていないので、大まかなアイディアを伝えて、幅広い訓練を受けられるようにしておきました。とは言っても、訓練ならなんでも良いわけではないので、自分の今後のキャリアを考えて選ぶ必要があります。

しかし、全く前職に関係ないけど突然歯科衛生士になりたいんです!と言って訓練を受講することも可能だと思います。やりたい理由を説明して、ストーリー付け出来れば、コンサルタントの方に熱意は伝わると思います。

今週はネットで受講可能な「訓練」を片っ端から調べてみます。

教育訓練給付金制度 【1.ジョブ・カード記入編】

f:id:houseofplant:20200517195206p:plain


教育訓練給付金制度を利用したキャリアチェンジを考えているので、受給申請するまでのプロセスを書いていこうと思います。なお、記事は東京都で受給申請する内容になっています。

まず、事前にハローワークでキャリアコンサルティングを受ける必要があるのは、

を申請する場合です。これらの受講前の手続として、訓練前キャリアコンサルティングで就業の目標、職業能力の開発・向上に関する事項を記載したジョブ・カードの交付を受けたあと、色々な書類をハローワークへ提出します。

令和2年はランゲート株式会社が訓練前キャリアコンサルティングの委託をうけて実施しており、要はハローワークでジョブ・カードの添削をうけるというもの。ジョブカードとは厚生労働所が管理する履歴書みたいなものでしょうか。聞いたこともないので、そのうちなくなるかもしれませんが、とりあえず記入してみましょう。

ちなみにこの訓練前キャリアコンサルティングは失業の認定における求職活動実績となります。

  • まずはウェブサイトで面談日時を予約します。

ジョブ・カード作成支援|訓練受講希望者向け|労働局委託事業

面談日までにジョブ・カードを記入することが必要で、ソフトウェアなるものをダウンロードし、作成、かつ当日はプリントアウトしたものを持参するのがベターなようです。

  • ジョブ・カードの作成支援ソフトウェアをダウンロード

ジョブ・カード作成支援ソフトウェアのダウンロード|ジョブ・カード制度総合サイト|厚生労働省

私のPCではソフトウェアのダウンロードができなかったので、ウェブサイト上で作成し、PDFでダウンロードしました。手持ちの履歴書、職務経歴書から転記したので、約1時間で記入が完了しましたが、一から作るとなると結構大変な作業になります。

 

f:id:houseofplant:20200517212349p:plain

画面はなかなかかわいいです。

本制度に関しては色々ややこしいので、参考にしたサイトのリンクを張っておきます。

ジョブ・カード作成支援|訓練受講希望者向け|労働局委託事業

ジョブ・カード制度について|東京労働局|厚生労働省

教育訓練給付金の制度内容と支給条件・申請方法について解説 | Career Growth

 

それでは、明日は訓練前キャリアコンサルティングを受けてきます。